1. HOME
  2. ブログ
  3. 初仕入れのマンションに退去続出?!ピンチを乗り越えて思うこと/鈴木さん後編

初仕入れのマンションに退去続出?!ピンチを乗り越えて思うこと/鈴木さん後編

鈴木さんのプロフィール
アクイジションチーム所属の新卒3年目。熱海出身。マイブームはコンビニのゆでたまご。あの絶妙な塩味が最高だそうです。そして、お酒も本当に好きなようです。。。

前回に引き続き、鈴木さんに初仕入れのエピソードをお聞きしました!

それでは、どうぞ!

初めて仕入れできた矢先

ー例のご紹介された物件の第一印象はどうでしたか?

アドレナリンがガンガン出ましたね!かなり好条件の物件だったので、居ても立ってもいられなくて早速現地を見に行きました。見たところ築年数の割に綺麗で、住環境も良かったので印象はすごく良かったです。しかも満室でしたしね。

ーそれだけ良い物件だと競合も多かったのでは?

まず、不動産業者が不動産を購入する場合、売主様には購入の意思表示します。人気物件ということで、プラン・ドゥよりも先に購入の意思表示をした業者がいたんです。ただ直前に、退去する部屋が同時期にまとまって複数出たことで、その業者さんは購入の意思表示を取り下げました。

空室ってネガティブに捉えられがちですが、物件をよりバリューアップ出来るという点でむしろチャンスなんですよね。そのチャンスを逃す手はないと思い、すぐに動きました。価格は約2億円。これが僕の初仕入れになりました。

ー入社して1年半、やっと仕入れできたのですね。

すごく長かったです。でも仕入れることがゴールじゃなくて、バリューアップして、投資家さんに再販して利益を出すところまでが僕の仕事なので、気は抜けませんでした。実はこの物件を仕入れた途端に、1部屋、また1部屋と退去が続出したんです。空室があると利回り(家賃収入)が少なく、投資家さんに買ってもらえないので、「これはヤバイ」とかなり焦りました。

よし契約に行くぞ!

埋まらなかったらどうしよう・・・

ー満室にするために、どのように入居者を集めたのでしょうか?

廃墟再生インターンを想像してもらえればと思います。部屋をリノベーションして入居者を集めるんです。とは言っても僕がほとんど知らない領域なので、リーシングチーム(入居者募集の専門部署)たちとプロジェクトを組んで進めていきました。

ープロジェクトを回すのも初めてだったと思います。不安はありませんでしたか?

不安だらけでしたよ。「部屋が埋まらなかったらどうしよう」とか・・・。でもとにかく前に進めなきゃいけない状況でしたから、つらい状況ではあったのですが、なんだかんだ前向きな気持ちだったと思います。

ー具体的にどのようなリノベ戦略を立てたのですか?

徹底的に年齢別人口や競合物件を調べてみたところ、ペット可物件に大きなニーズがあるとの仮説にいたりました。ペット可物件の数が極端に少なかったんです。そこから調査を重ねてターゲットを具体化していって、「45~54歳のペット持ち夫婦」が住みたい部屋を作ることにしました。

ーなるほど。明確にターゲットを絞ったのですね。

リノベが完了した時点で「これなら絶対いける」と自信がありました。それでも反響が来ないか毎日そわそわ過ごしてましたけどね(笑)。結局、募集開始から2ヶ月足らずで全部屋が埋まりました。一緒にリノベプランを考えてくれた葛西さん(新卒1年目・リーシングチーム)が、賃貸営業も頑張ってくれたのが大きかったです。葛西さんには本当感謝しています。

葛西さんとターゲットを決めるぞぉ!

前向きになれた自分がいる

ー最終的にこの物件は再販できたのでしょうか?

つい先日ご購入いただけて、2000万円近くの粗利益を出せました。仕入れから数えると約1年におよぶプロジェクトでした。

ー初仕入れが遠かった時期も含めて、振り返ってどう思いますか?

仕入れられないつらさと、仕入れたあとのつらさ、どちらも経験できて本当良かったなと思います。

まぁでも仕入れられない方がつらかったですけどね(苦笑)。今は自分のスタイルが確立できてきて、成功体験もあるので、仕入れ営業をすごく面白いと感じていますが。

ー自分の中で、成長を感じる部分はありますか?

何事にも前向きになった、って素直に思います。仕入れもプロジェクトも、自分でやらないと進まないですからね。結局、自分の考え方次第だなって。本当これに関しては、自分でもびっくりするぐらい成長したなと感じます。

辛さを知っているからこその鈴木さんの優しさや厚みがあったのですね…

 

以上鈴木さんへのインタビューでした!

どんなものからも学び、成果につなげる鈴木さんは本当に憧れです。

こういった様々な苦難困難を乗り越えた末に今の鈴木さんがあるのですね!

話してみたいなぁと思ったそこの貴方、ご連絡待ってます。

・直接お電話(03-6632-2940)
・下記お問い合わせフォーム

必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
必須大学名
任意本文

利用規約
この利用規約(以下,「本規約」といいます。)は,株式会社プラン・ドゥ(以下,「当社」といいます。)がこのウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。登録ユーザーの皆さま(以下,「ユーザー」といいます。)には,本規約に従って,本サービスをご利用いただきます。

第1条(適用)
本規約は,ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
当社は本サービスに関し,本規約のほか,ご利用にあたってのルール等,各種の定め(以下,「個別規定」といいます。)をすることがあります。これら個別規定はその名称のいかんに関わらず,本規約の一部を構成するものとします。
本規約の規定が前条の個別規定の規定と矛盾する場合には,個別規定において特段の定めなき限り,個別規定の規定が優先されるものとします。

第2条(利用登録)
本サービスにおいては,登録希望者が本規約に同意の上,当社の定める方法によって利用登録を申請し,当社がこれを承認することによって,利用登録が完了するものとします。
当社は,利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,利用登録の申請を承認しないことがあり,その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
本規約に違反したことがある者からの申請である場合
その他,当社が利用登録を相当でないと判断した場合

第3条(禁止事項)
ユーザーは,本サービスの利用にあたり,以下の行為をしてはなりません。
法令または公序良俗に違反する行為
犯罪行為に関連する行為
本サービスの内容等,本サービスに含まれる著作権,商標権ほか知的財産権を侵害する行為
当社,ほかのユーザー,またはその他第三者のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為
本サービスによって得られた情報を商業的に利用する行為
当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
不正アクセスをし,またはこれを試みる行為
他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
不正な目的を持って本サービスを利用する行為
本サービスの他のユーザーまたはその他の第三者に不利益,損害,不快感を与える行為
他のユーザーに成りすます行為
当社が許諾しない本サービス上での宣伝,広告,勧誘,または営業行為
面識のない異性との出会いを目的とした行為
当社のサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
その他,当社が不適切と判断する行為

第4条(本サービスの提供の停止等)
当社は,以下のいずれかの事由があると判断した場合,ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となった場合
コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
その他,当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
当社は,本サービスの提供の停止または中断により,ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害についても,一切の責任を負わないものとします。

第5条(利用制限および登録抹消)
当社は,ユーザーが以下のいずれかに該当する場合には,事前の通知なく,ユーザーに対して,本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し,またはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。
本規約のいずれかの条項に違反した場合
登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
その他,当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
当社は,本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について,一切の責任を負いません。

第6条(退会)
ユーザーは,当社の定める退会手続により,本サービスから退会できるものとします。

第7条(保証の否認および免責事項)
当社は,本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性,信頼性,正確性,完全性,有効性,特定の目的への適合性,セキュリティなどに関する欠陥,エラーやバグ,権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。
当社は,本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし,本サービスに関する当社とユーザーとの間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合,この免責規定は適用されません。
前項ただし書に定める場合であっても,当社は,当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社またはユーザーが損害発生につき予見し,または予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。また,当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害の賠償は,ユーザーから当該損害が発生した月に受領した利用料の額を上限とします。
当社は,本サービスに関して,ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引,連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第8条(サービス内容の変更等)
当社は,ユーザーに通知することなく,本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし,これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第9条(利用規約の変更)
当社は,必要と判断した場合には,ユーザーに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。なお,本規約の変更後,本サービスの利用を開始した場合には,当該ユーザーは変更後の規約に同意したものとみなします。

第10条(個人情報の取扱い)
当社は,本サービスの利用によって取得する個人情報については,当社「プライバシーポリシー」に従い適切に取り扱うものとします。

第11条(通知または連絡)
ユーザーと当社との間の通知または連絡は,当社の定める方法によって行うものとします。当社は,ユーザーから,当社が別途定める方式に従った変更届け出がない限り,現在登録されている連絡先が有効なものとみなして当該連絡先へ通知または連絡を行い,これらは,発信時にユーザーへ到達したものとみなします。

第12条(権利義務の譲渡の禁止)
ユーザーは,当社の書面による事前の承諾なく,利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し,または担保に供することはできません。

第13条(準拠法・裁判管轄)
本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。
本サービスに関して紛争が生じた場合には,当社の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。

個人情報の取り扱い

利用規約及び、個人情報の取り扱いに
同意します。

関連記事