1. HOME
  2. ブログ
  3. 【プロジェクトマネジメント編】アクイジションチームのお仕事を紹介するよ!

【プロジェクトマネジメント編】アクイジションチームのお仕事を紹介するよ!

「アクイジションチームって仕入れ営業以外に何やっとるん?」

アクイジションチームとは、物件(中古不動産)を仕入れ、バリューアップに向け、全チームを巻き込むプロジェクトマネジメントまで担うチームでしたね。

【仕入れ営業編】では、物件を購入するまでの《仕入れ営業》に関してお伝えさせていただきました。

今回は、物件を購入から販売までの《プロジェクトマネジメント》に焦点を当て、不動産ソリューション事業部ゼネラルマネージャー 井田さんのご協力のもと、レポートします!

プラン・ドゥの全体イメージが湧いていない方は、こちらをご覧ください!

物件のポテンシャルを最大限活かし、投資家様に繋ぐ

仕入れた物件を販売出来るまで、考えることは膨大です。どんな工事が必要で、工期はどのくらいか?予算はどれくらいかかるか?賃料はいくらが適正か?広告料はいくらに設定すべきか?管理はどうするか?などなど…。物件ごとに他チームまたは社外の業者様と一緒に考え、販売まで責任を持ち、プロジェクト成功を目指す。これがプロジェクトマネジメントです。

そもそも、仕入れとプロジェクトマネジメントを行う、アクイジションチームのミッションは何なんですかね?

良い物件を仕入れること?
良い物件にリノベーションすること?

答えは、「一つ一つの物件のポテンシャルを最大限活かし、投資家様に提供する」ことです。適切な管理を行えるだけの余力のある投資家様に、物件の強みを最大限活かす形で提供する。余力のない投資家様が物件を持てば、物件を良い状況で維持管理出来るでしょうか?そこに住む入居者様はどうだろうか?弊社の好きなように物件をリノベーションをしたら投資家様はどうだろうか?などなど。根底は、やはり理念の「不動産に関わるすべての人にしあわせを」です。

プロジェクトの始まりから終わりまで、高い当事者意識を持って取り組むことで、初めて目の前の人の『幸せ』を追求出来る奥深い業務です。その姿勢が常に問われるプロジェクトマネジメントの紹介をさせていただきます。

当事者意識がプロジェクトを左右する

仕入れ営業マンの直向きな努力により、物件購入まで至りました。良い物件が買えましたね。万々歳。これで終わりではないです。ここからがスタートです。賃貸募集、工事、販売、管理に至るまで、他チームや関係業者を巻き込むプロジェクトマネジメントが本格化します。

最も重要なことは、プロジェクトチーム全員がそれぞれが高い当事者意識を持つようマネジメントすることです。アクイジションチームの担当者だけ盛り上がっていてもプロジェクトは成立しません。ただ埋まれば良い、ただ売れれば良いだけでは、冒頭で触れたミッション、そして企業理念からかけ離れていきます。こなすだけではなく、それぞれが本当にこれで良いのかと立ち止まることの出来る当事者意識が大切なんです。

イレギュラーは当たり前、どう向き合うかが鍵となる

例えば、プロジェクトを進めるにあたり予算やスケジュールを組みます。「上手くいかなかったときはどうするんだろう?」って気になりますよね。計画通り、スムーズにいくプロジェクトはほぼ無いです。

例えば、屋上防水を施したが他の箇所で漏水が生じてしまった。登記記載されている土地の面積(地積)と実際の土地面積がズレが生じた(不動産売買においてはたまにあることで、気になる人はこちらを見てみてくだい)。想定より賃貸の反響が少ない。などなど、想定しなかったトラブルが起こることはざらにあります。

とは言っても、スケジュールを後ろ倒し或いは費用をベラボウに費やしていいわけでは無い。限られた時間やリソースを最大限に生かし、何が出来るかを考えます。計画通りにいくことが少ないプロジェクトマネジメントは、本当に大変です。ただ、一つ一つプロジェクトごとに着目すべき観点が異なるところに、不動産の奥深さ、そして面白さがあるのでは無いでしょうか。

本気だからこそ悔しい

それぞれが当事者意識を持って、自分事として捉えているからこそ、うまくいかなければ本気で悔しい。逃げずに真剣に向き合い続けるからこそ、小手先の営業力ではなく、不動産のプロとしての力が醸成される。「不動産にかかわるすべての人に幸せを」という理念体現を目指して、仕入れから販売まで責任感を持って取り組む。これがアクイジションチームです。

まとめ

簡単ではありますが、上記がアクイジションチームの業務の一部になります。当然、ここに至るまでは並大抵の努力ではたどり着けないものだと思います。それはそうですよね。お客様の大事な資産を預かり、それに対して本気で取り組むわけですから。でも、最後までプロジェクトを遂行して、契約・決済が終了した時の達成感は半端ない。

そんな熱い話を聞きたいと思ったそこのあなた。面談待ってます。

 

関連記事

2023卒採用(エントリー)

プラン・ドゥが目指す未来とは?

初仕入れのマンションに退去続出?!ピンチを乗り越えて思うこと

投資家と向き合うとは?