1. HOME
  2. ブログ
  3. 23卒のあなたに2年目人事が伝えたいこと。

23卒のあなたに2年目人事が伝えたいこと。

こんにちは、プラン・ドゥ採用担当の二年目の小川 潤です。

昨日、『ジョブトラ』という学生と企業のマッチングイベントに参加させていただきました。キラキラした学生さんが多く、本当に刺激を受けました。マジで皆、素敵なビジョンを持っているじゃん。。。キラキラした素敵な学生さんと話をしたからこそ、キャリアに対して熱い想いがこみ上げ、今回弾丸で記事にしました!

自分の一番大切なこだわりだけは譲っちゃいかん。
「他者貢献」とか「とりあえす成長」で思考停止していたら勿体ない。

そんな話をこの記事ではしたいと思います。

企業プレゼン前の小川@ジョブトラ

そもそも、何故あなたは働くの?

「他者貢献って大事ですか?」

「勿論さ!」と答える方が多いのではないでしょうか。その価値観自体は、本当に素敵だと思います!

「私の軸は他者貢献です」

本当に素晴らしいと思います。でも、ふと気になるんすよね。それが人生の大半を費やす『仕事』で、あなたが本気で追求したいことなの?仕事って自分の人生を生きる上での手段でしかないっすよね。それなのに何となく「他人の為に」ってだけじゃ、しんどくないすか?つまらなくないすか?何故、「自分じゃなくて他人が一番なんだ!」って綺麗な言葉で纏めようとするんですか?

はい、もう一回。
自分の胸に手を当てて考えてみてほしい。
「あなたは仕事を通して、何を実現したいの?」

(シンキングタイム:1分間)

どうですか?どんなことが思い浮かびましたか?

「NewsPicksに取り上げられて、無茶苦茶に目立ちたいの!」、
「お父さんに強い憧れを持ってるからこそ、同じようにかっこいい大人になりたいの!」、
「自分は常に笑っていたいから、自分の周りを笑顔にして、自分も笑顔になりたいの!」

色々出てくるかもしれない。最初は抽象的なものだと思うんだ!でもね、意外とそこにヒントが隠されていたりする。絶対にそこから逃げちゃダメだよ。就活ウケを狙い始めた時点で自分のための就職活動は出来ないと思うぞ!

そもそも、『成長』って何のためにするの?

「成長意欲があります!」と、イベントや面談で学生さんはよく言います。この意識自体は、素晴らしいと思います。ただ、立ち止まって考えて考えて欲しい。

「なんで成長したいの?」

(シンキングタイム:1分間)

せっかくなので、僕の話をしましょうか。
僕が成長したい理由はただ一つ。自分自身の力不足によって、人の笑顔を奪うことをもう二度と味わいたくないと思った経験があったから。そんな思いをしたのは、塾講師のアルバイトで担当していた生徒の志望校不合格の報告を直接聞いた瞬間でした。不合格という結果を踏まえ、彼女は悔しさのあまり号泣していました。「あ、自分の指導力不足のせいで、目の前の生徒の笑顔を一つ奪ってしまった」と、小川は、帰りの電車で男泣きをしました(恥ずかしい…)。受験失敗は本人の問題だよねって言われてしまえば、おしまいですが、そうは思えなかった。きっと自分自身は人の笑顔が大好きだから、自らが関わったことによって目の前の笑顔が失われることに耐えられなかったんです。そして、僕はこの時、誓ったんです。自分自身の力不足によって、人の笑顔を奪うことをもう二度と味わいたくない。どんな仕事をしようが、その力をつけるために絶対に成長が必要なんだ。

さて、皆さんはどうでしょうか?何のために『成長』が必要でしょうか?

僕の採用担当としての今のこだわりです!

一度きりの人生だから、あなたが楽しむ人生を設計しよう。

働く目的から入り、その先の成長の話をさせていただきました。
結論、何が言いたいか。やっぱり、こだわりを持って就職活動に挑め!ということ。

ただ、一つだけ注意点。「こだわり」と「単純なわがまま(あれもいいなぁ、これもいいなぁ)」は違うぞということ。僕の周りでも仕事を楽しんでいる人の共通項は、「これは絶対に譲れないけど、まぁあれは譲歩できるか」という思考が当たり前に出来ていること。どんな人にとっても100%満足出来る会社なんてないっすよ。だからこそ、自分のこだわりとマッチする企業を探しまくってほしい。そのためには、まずは自分と向き合うことが大事だよね。

矛盾しているかもしれないが、こだわりを持っている人ほど、自分が好きなようにわがままに生きられるんだよね。僕はこだわりを貫いたからこそ、わがままに楽しく仕事ができている。ちょっとでも興味が湧いた方は、人の思考整理が趣味の僕と是非面談しましょう。それでは、お待ちしております!!

キャリア面談のエントリーはこちらから!!

関連記事

2023卒採用(エントリー)

プラン・ドゥが目指す未来とは?

初仕入れのマンションに退去続出?!ピンチを乗り越えて思うこと

投資家と向き合うとは?