1. HOME
  2. ブログ
  3. プラン・ドゥの1年目の成長、やりがい/2年目社員インタビュー

プラン・ドゥの1年目の成長、やりがい/2年目社員インタビュー

左:松下さん(アクイジションチーム)

真ん中:織田さん(リーシングチーム)

右:小川さん(ヒューマンリソースチーム)


こんにちは!毎度おなじみしたい系1年目社員の齋藤です。就職活動をしている皆さんは、「就職活動の軸」というワードをよく聞くと思います。この記事を読んでいるあなたは、どのような軸をお持ちでしょうか??就活生とお話をすると、「成長」「やりがい」というワードに反応を示してくれる方が多い印象があります。

じゃあプラン・ドゥではどんな成長ができるのか。どんなやりがいを得られるのか。気になりますよね??てことで今回は、3人の2年目社員にインタビューをしてみました!

熱中していくなかで振り返ったら成長していた。

一番成長を感じた瞬間は??

松下:最近物件を仕入れた時の話なんだけど、契約のための本人確認で免許証を渡した時に、初めて年齢を知られて、仕入れ先の40歳くらいの課長の方から「松下さんって2年目だったんですか!??」ってめちゃくちゃびっくりされたのは嬉しかったな。

1年目も、あえて若造感を出さなかったけど、やっぱり新人だと伝わってしまっていたから、成長を感じたよ。熱中していくなかで気が付いたら成長してたみたい!

織田:確かに社外の方とのやり取りで成長を感じることは多いかも!1年目を振り返ると社外の方とやり取りをする時って上司とその社外の方との中継役みたいになっちゃってることが多かったんだけど、気が付いたら上司への相談無しで、自分とその人だけでやり取りが成り立つようになってたな。

あとは、過去に取引のあった賃貸の仲介業者さんから、私に直接相談の電話があった時は嬉しかった!自分が一人前の社会人として認められたんだって思えたよ。

小川:採用をやってると、人材業界の会社の方とのやり取りが多くなるんだけど、「本当に2年目ですか??」って言われることが多いな。会社を深く理解できるようになったからこそ、伝えられるものも多くなってきた実感があるよ。人材業界の営業の方と一人で面談したり、最近は織田ちゃん同様、本当に自分主体で仕事ができてるなって思う。

あと、個人的な考えだけど結局仕事に熱中していくことで成長が生まれるんだと思ってる。だからこそ、プラン・ドゥみたいにやりたいことを基に主体的に働ける会社でよかったなって思ってる!

お互いを認め合う関係の3人

仕事のやりがいは三者三様

―やりがいを感じる瞬間は?

織田:お礼を言われたときかな。もちろん社内の人からも嬉しいけど、社外の方で、例えばやりとりしてた仲介さん、入居者様からお礼を言われたときは、自分の業務が誰かのためになったんだってことを実感できて嬉しいよ。

あとは最近、1年目の時に私の担当物件の仲介をしてくれた仲介さんから再度お問い合わせがくることが多くて、社外の人との関係構築がうまくでき初めている!それもやりがいかな。

松下:僕はやっぱり物件を仕入れたときだね。売買の仲介さんと話をしていて、自分が仕入れるために話をまとめている時は何ていうかヒリヒリワクワクするし、仕入れが決まった時は仲介さんから感謝されて、信頼された実感があって次も頑張ろうって思える!

小川:僕は学生が内定を承諾してくれて、その学生と一緒に働き始めることができたときかな。今だと1年目の時の学生が内定者インターンという形で一緒に働いてくれているのは本当に嬉しいし、採用やっててよかったなって思う。あとはやっぱ一仕事を終えた後のビールは最高だね!!

内定者時代の3人

 

気になる2年目の目標

―2年目の目標を教えてください!

小川:人との関わりにおいて学びを深めたい。そのためには当然、様々な仮説と検証が必要だと思ってるんだ。例えば、プラン・ドゥって合同説明会とかの就活のイベントにはあまり出なかったんだけど、これからは出ていきたいなって思ってる!

松下:1年目を振り返ると仕入れられた案件ってラッキーパンチだったなって思う。だからこそ、2年目は仲介さんと作戦会議したり、自分にしか物件の紹介をしないでもらって確実に仕入れるっていうのが理想かな。俺はまだ社内と社外を巻き込みきれていないと思う。

それぞれの思惑をしっかり捉えながら、何が最適解なのか考えていきたい。そのなかで「プラン・ドゥはこう思っている。」「仲介さんはこう思っている。」っていうのが出てくると思うんだけど、それを分かったうえで「自分はこうしたい。」ていう自分がどうありたいのかっていう観点も大切にしていきたいな。

織田:入居者様目線が弱いから、入居者様目線を身に付けたいな。そのためには担当している物件について、そこが住みよい物件なのか。ということを考え続けるのが欠かせないと思う。あと、オーナー様との信頼関係の構築かな!オーナー様の利益と入居者様目線での緊急性も考えて、担当物件に関わる方の幸せを実現したい!

先ほどの写真と比べると、自信を感じます

最後に就活生の皆さんへメッセージ

―最後に就活生へのメッセージをお願いします!

織田:記事を読んで、プラン・ドゥに興味を持ってくれた方、ぜひお会いしましょう!!いつでもお待ちしております!

松下:まずは自分がなにを目指すか、そして自分がどうなりたいのかを考えてみてください!そこから就活はスタートすると思います!

小川:仕事って自分が思い描く人生を送るための手段だから、どんな人生を生きたいのかを考えてみるのもおすすめです!!

 

ということで今回は2年目社員にインタビューをさせていただきました!少しでもプラン・ドゥで働くイメージができたら幸いです。3人全員が別のチームに所属をしているので、異なる視点の成長や、やりがいがありましたね。イベントや面談で、いつかお会いすることもあるかもしれません。皆さん魅力的な方々なのでぜひお楽しみに!!

関連記事

2023卒採用(エントリー)

プラン・ドゥが目指す未来とは?

初仕入れのマンションに退去続出?!ピンチを乗り越えて思うこと

投資家と向き合うとは?