1. HOME
  2. ブログ
  3. かかわる人を幸せにしながら働く。/22卒内定者インタビュー(貞松さん)

かかわる人を幸せにしながら働く。/22卒内定者インタビュー(貞松さん)

こんにちは!入社1年目の齋藤です!22卒内定者インタビューシリーズ第二弾!!今回インタビューさせていただくのは2022年入社の貞松さんです!

内定者インターンでは、訪問営業の報告を齋藤がインターン生だった時のうん千倍細かく共有するほどの真面目っぷり!高校では評定平均4.9、、、、、!!?

なーんだ、ただの秀才か。そんな貞松さんは、小2から高校生までバスケをしてきたと思ったら、大学ではノリでテニスを始めたり、芯とフットワークの軽さどちらも兼ね備えているようです。彼女がどんな拘りをもってプラン・ドゥへの入社を決意したのかを聞いてきました!

貞松さんのプロフィール
2022年4月入社予定の千葉大学 文学部4年の内定者 佐賀県出身
小学校2年生から高校卒業までバスケに熱中し、大学ではテニスに熱中。学校外では、カフェや結婚式場でのアルバイトにも取り組んできました。

これまでは周囲の人の影響を受けてきた

-本日はよろしくお願いします!めちゃくちゃ活発でバスケが好きって聞いたんだけど、、、

宜しくお願いします!活発なんですかね、、、?(笑)幼稚園に通ってた時、男の子に混じって戦隊物のヒーローになりきってたりはしてました!小学生から姉の影響でバスケットボールを始めて、高校を卒業するまで続けたのですが、なかなか縛りがあって(笑)、ファストフード禁止だったり、炭酸飲料禁止だったり、階段は必ず一段飛ばしだったり、、、(笑)謎の文化をみんなで守ってました。だからこそ、チームの繋がりが強くて、かなり熱中してました!!でも大学からは友達とノリでテニスサークルに入って、日焼けで真っ黒になるくらい毎日テニスしてました(笑)こんな感じです。(写真をみせてくれました。)

-おおお、別人だ!!大学はなんでわざわざ千葉に来たの??

めっちゃくちゃ尊敬してる兄が東京にいたので近くに住みたいな!と思っていたんです。高校1年生の時の担任の先生のアドバイスのお陰で高校のテスト勉強や授業にも比較的真面目に取り組んでいたので、高校の推薦でも幅広く大学を選べたのですが、国立で東京に近い大学を探していたんです!あとは、絶対に留学に行きたかったので国際系の学科かどうかも見ていました。大学2年生の春休みに1か月のフランス留学に行く予定だったのですが、結局コロナ禍でいけなかったんですよね、、、。でもいつか行きたいです!

-なんで留学に行こうと思ったの??

これまた高校の先生なんですけど、さっきとは別の地理の先生で、凄く生徒想いの先生が、「たくさんの景色を見てたくさんの経験をし、多くの出会いの中で成長を!」って言っていたんです。本当に私達のためにそう言っているんだろう、って感じて。学生の内じゃないとなかなか時間も取れないだろうし、行きたいなって思ったんです。

-今までの話を聞くと、結構周りの人の影響を受けてきたんだね!

そうですね(笑)尊敬してる人とか信頼してる人のアドバイスは、素直に行動に移してみよう。って思います!表面的じゃなくて、心の底から私のことを考えてくれてるんだなって人が私にとってそういう人です。

全力だからこそ悔しい。青春ですね。

仕事を通して今までの恩返しをする。

-アドバイスを素直に行動に移せるって凄いね、、、

だいたいいつも、少しでもいいなあって思ったら取り入れたりやってみたりするんですけど、失敗を経験したいのかな?って思います。

失敗することで、自分に合ってるのかを確かめたいし、経験上そこから学ぶことが多いんです。振り返ると、結果的にプラスなことが多くて人生が豊かになっている気がしてます!だから、プラン・ドゥの、前向きな挑戦の失敗をポジティブに捉えてる、ウェルカムな雰囲気、すごい好きだなって思ってます!!

 

-プラン・ドゥの社風に惹かれたんだね!

他にも惹かれたポイントは沢山ありますよ!!私って今まで本当に色々な人達に支えてもらって生きてきていて、、、。家族、友達、先生。挙げたらキリがないです。かかわる人みんなに支えられてきたんです。だからこそ、これからの人生は恩返しをしたいなって思ってます。これから「かかわる人を幸せに」しながら働きたいんです。そんな風に考えている時に、プラン・ドゥの経営理念を見て驚きました(笑)「不動産にかかわるすべての人に幸せを」って書いてあったんですよ!運命だと思いましたね(笑)

もともと仕事をするのなら、誰かのための「誰か」がハッキリしている仕事をしたかったんです。不動産業界って、まさしくそうだなって思って。例えば、ハウスメーカーって家をたてるときに、悩みが出てくるじゃないですか。一緒にそれを解決して、お客様と理想の形を創っていけたらその方の人生を幸せにする手助けができますし、不特定多数じゃない、明確な「目の前のお客様」のための仕事ができるなって思ったんです。他にも色々な会社を見たいと思って、不動産業界の会社を調べている時にプラン・ドゥを見つけました。結果的にハウスメーカーではない、プラン・ドゥへの入社を決意しましたが、かかわる人を幸せにっていう根底の想いは変わっていないです。

写真ちょうだいと言ったらこれが送られてきました。ベイマックスやんけ!!

建物すらも幸せに。

-何がプラン・ドゥの決め手になったの??

まず最初は、経営理念に惹かれたのが大きいです。そこからプラン・ドゥの社風とか職場環境を知っていくにつれ、入社したい!と強く思う様になっていきました。その中で決め手になったのはやっぱり事業内容です。「かかわる人を幸せに」とは言っても、どんなかかわり方をするのかとか、その中で自分がどんな価値を生み出せるのかは自分が納得できることをやりたいなと思いましたし、プラン・ドゥで働くことで生み出せる介在価値は私にとって魅力的でした。建物って建てられた当初は、建てた方の想いが絶対に込められていると思うんです。でも現実をみると、有効活用されていない建物があるっていうのは悲しいというか、勿体ないというか。あるべき姿にしたい、建物を元気にしたいなって思います!

-かかわる人どころか建物も幸せにするつもりなのか、、、本当に凄いね!

実際、仕事をしているなかで扱えない建物もでてきたり、達成が難しいようなこともでてくるはあると思いますが、そういう逆境だからこそ、工夫のし甲斐があると思いますし、熱中していきたいです!

 

ということで、今回は貞松さんにインタビューをしてきました!大学入学以降のアルバイトなど、書ききれなかったエピソードも沢山あるのですが、「もはや住んでいる」って言われるくらい結婚式場のアルバイトに熱中をしていたり、小学校から高校卒業までバスケに熱中したり、やると決めたことに、のめり込めるところが凄いなと思いました。また、アドバイスをすぐに実行に移す素直さや、失敗すらも前向きにとらえるチャレンジ精神には尊敬の念しか抱かないです。

嗚呼、尊い!!!やると決めたらのめり込んでいく貞松さんの入社が今から楽しみで仕方がないです!

以上、貞松さんへのインタビューでした!

幼少期からいっつも笑顔!

関連記事

2023卒採用(エントリー)

プラン・ドゥが目指す未来とは?

初仕入れのマンションに退去続出?!ピンチを乗り越えて思うこと

投資家と向き合うとは?