1. HOME
  2. ブログ
  3. プラン・ドゥが採用でビジョンを大切にするのはなぜ!?採用担当を直撃インタビュー!

プラン・ドゥが採用でビジョンを大切にするのはなぜ!?採用担当を直撃インタビュー!

※撮影時のみマスクを外しております。(一回使ってみたかった文言です。)

こんにちは!入社1年目採用担当の齋藤です!いきなりですが今回の記事のテーマはビジョンについてです!いえーい拍手!!(ぱちぱちぱちぱち)

選考に進んでくださっている方ならご存じだと思いますがプラン・ドゥの選考ではとことんビジョンが問われます。でも皆さんきっとこんな疑問があるはずです、、、。
なぜそれほどビジョンが問われるのか。
そもそもビジョンとはなんじゃ!??
プラン・ドゥにはどんなビジョンを掲げている人が多いの??
皆さんが気になるであろうことを解決するべく2年目採用担当の小川さんに諸々聞いてきちゃいました!!

小川さんのプロフィール
2020年4月入社 慶應大学環境情報学部卒。入社1年目から新卒採用担当となり2年目の現在は、過去にNHKに取り上げられたプラン・ドゥの1dayインターンシップを根本から作り変えるなど、プラン・ドゥの新卒採用の改革を推進している。

まずは小川さんについて。

-まずは軽く自己紹介を御願いします!

小学校はテニス、中学校は体操、高校は柔道に熱中していたスポーツ少年でした。特に中学校の体操ではYouTubeに上がっている体操の動画は網羅していたくらい熱中していました(笑)
懐かしい。ちなみに幼稚園の時の将来の夢はウルトラマンで、小学生の時の将来の夢はパスタ屋さんでした。

-意外にも体操では東京都の強化指定選手になりそうだったと聞いています。小川さんはスポーツマンのイメージないっすね(笑)

よく言われます(笑)どの競技もそうなのですが、動画や練習で学んで技を研究していくことが楽しかったです。
新しいことができるようになった時の感覚が大好きなんです、今振り返るとPDCAサイクルを回しているみたいでした(笑)

2年目営業担当の松下さんと採用イベントの打ち合わせ。松下さんも積極的に採用の場に来てくれます。

小川さんのビジョンについて。

-楽しみ方が小川さんっぽい(笑)では徐々に本題に!私達採用チームはビジョンを
自分の大切にしたい価値観の先にある自らのありたい姿と捉えていますが、小川さんにとってビジョンとはどのようなものですか??

大切にしたい価値観や、漠然とこうなりたいという姿を、具体的に目に浮かぶところまで解像度を上げたものがビジョンだと思います。

だから、うまくなんて伝えなくていいし、きれいに言語化できなくていい。自分の言葉で本気で語れることが大事だと思っています。

それで言うと、僕の子供のころの将来の夢はなんとなくウルトラマンってカッコイイ!とか、なれたらいいなあって思っていた程度なのでビジョンではないですね!(笑)

-それでは小川さんのビジョンは何ですか?

笑顔支援プランナーです。ドラ〇もんみたいに多くの道具を使って、「想い」を形にする。「笑顔」を作り出す。そんな存在になることです。
その根底には大学生活を通して生まれた、「関わる一人一人の笑顔を支えるプロになる。」という譲れない拘りがあるんです。

-毎度会社説明とかで「2時間くらい語れる。」と仰っている話ですね。
(話を聞いたら10分くらい話をし始めて、本当に2時間話しそうな勢いだったので今回は割愛します。(笑))
ちなみにビジョンってなんで大切なんですかね??

すべての方にとってビジョンが大切だとは思わないですが、自分の人生は自分で歩みたいんだ!という方には大切なものだと思っています。
ビジョンの有無で、その場その場でこなすだけの、点が点在するだけの人生か、目指す場所に向かって、明確な方向性を持って線を描いていくかが変わると思います。だからこそ、自分の人生を自分で歩みたいという想いはあるのに、どこに向かっているのかがわからないまま歩むのは勿体ないと思うんです。
道の途中でビジョンが変わるのは全然いい事だと思うし、それはその時々で本気で歩んでいるからだとも思います。

-小川さんご自身はビジョンが変わった印象はありますか??

変わっていないです(笑)。むしろ実務を通して想いが強くなったと思っています!!どうなったら実現できるようになるのかをいつも考えています。
恐らく社会人になって見える世界が広がったからこそリアリティが増して、想いが深まったんだと思います。自分がその達成にむけて近づいている実感はないものの、レベルが上がっている印象はあるのでどんどんギアを上げて、
一生かけて追求して「笑顔」を作り出す手札――「道具」を増やしていきます!!

あれ、この写真どっかで見たぞ、、、?そう。こちらはプラン・ドゥのある動画の最初のシーンの写真です。

小川さんが思うプラン・ドゥとは。

-目指せドラ〇えもんですね!そんな小川さんは、プラン・ドゥはどんな会社だと思いますか??

自分のありたい姿があって、それを叶えるために本気になっている人が多い会社だなと思います。
社内の勉強会の時とか、今はいけないけど飲みの場とか、温泉に行ったりする時の何気ない会話からもひしひしと感じています!
会社自体がメンバーのビジョンを大切にしていることも大きな要因なのかなと思います!

-小川さんは何故、プラン・ドゥはメンバーのビジョンを大切にしていると思いますか?

こちらの考えは2つあります。まず一つ目は「不動産に関わるすべてのひとを幸せに」という企業理念を本気で実現するためだと思います。
プラン・ドゥは成長環境の権化みたいな企業ですがもちろんその分、大変な仕事や、それを通して学ぶことも多いです。
だからこそ、

 

「どういう風に仕事を使っていくか。」

 

がないとただただ仕事がつらいということも起こり得ます。そんな人が関わるすべてのひとの幸せの実現なんかできないですよね。、、。
次に二つ目ですが代表の杉山がよく口に出す、文化祭前日の雰囲気で仕事をするということの実現のためだと思います。杉山は自分のビジョンに向き合って、その想いを仕事にぶつけることや、目標に向かって本気になっている若者のキラキラした目が好きだという話も聞きますが、
同じ目標に向かって、全員で仕事を自分事化していきたいという想いがあるからこそなんだと思います。僕自身もそういう方と一緒に働きたいと思っています!
よく仕事を楽しみたいと仰る方がいますが、楽しむためには自分のビジョンに本気にならないと本質的な楽しさは得られないと思っています。
自分がどうありたいのか、それを本気で突き詰めて、正直にそれをさらけ出してほしいです。皆さんと選考の場でお会いできることを楽しみにしています!

-ということで、今回は小川さんにインタビューをしてみました!なぜプラン・ドゥはとことんビジョンを聞くのか。少しでも伝われば幸いです!とは言いません。
100%伝える気持ちで作成しています!!疑問が残るようでしたら聞いてください!!
それでは最後までお読みいただきありがとうございました。この記事を読んでくださった方、

ぜひぜひ読んだ旨をお伝えください。泣いて喜びます。(笑)

松下さんと齋藤と3人でランチに行くときも仕事の話で大盛り上がり。

関連記事

投資家と向き合うとは?